大人が読み返したい児童書

ともかく貧乏。 それ以外の形容詞が思いつかないほど貧乏な少年チャーリーに、チョコ...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (6)

難しいお年頃のオヤジへ

先日の流星ワゴンと同じ重松清 の同じ系統の短編集。こっちの方が先に書かれていて、...

» Continue reading

| | Comments (1) | TrackBack (0)

久々のお気に入り作家登場か?

ロマンス小説の七日間 。 この本は、気楽に読めそうだと思って、何となく購入。しば...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (3)

大人が信用できない世界

オレンジ党と黒い釜 は、この日書いた光車よ、まわれ! と同じ天沢退二郎 の作品。...

» Continue reading

| | Comments (1) | TrackBack (0)

愛すべき男性誌

この実録 男性誌探訪 は、珍しく文庫化される前に買った本。いや、よく考えると大フ...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (1)

あわあわとした……

センセイの鞄 は、結構評判になった本だったと思う。あらすじも割と紹介されていたけ...

» Continue reading

| | Comments (1) | TrackBack (0)

“父親”のためのお伽噺

何の前知識もなく、タイトルだけで購入した流星ワゴン。 38歳の僕は、最低の現実に...

» Continue reading

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ちょっと肩透かし

九州の水郷都市、箭納倉で起きた失踪事件。けれどいずれの失踪者も、しばらく経つと何...

» Continue reading

| | Comments (1) | TrackBack (0)

たき火オヤジのらしいSF

椎名誠って、どうなんだろう? つまり、一般的なイメージということだけど。 南の島...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

萌絵 VS 保呂草

いつ続きが出るんだ! という作家が多い中、コンスタントに作品を発表し続ける森博嗣...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«ヤマト風味なガンダム