« 六人の超音波科学者 | Main | 夜歩く »

ドミノ

 当たり外れがあまりなくて、最近お気に入りの恩田陸。ドミノは、いわゆるパニックコメディ。つまり、ドタバタ劇である。登場人物が27人と1匹で、最初は誰が誰やらという感じなのだが、一人一人がきちんと描き分けられており、読み進むに従って人物の多さは気にならなくなってくる。
 これだけ大勢の人物が東京駅を中心にあちこちで脈略なく事件を起こしながら、最後は一気に大団円へ向かって収束。パニック小説のお約束とはいえ、それなりにハラハラもさせられ、見事な展開である。ただなあ。ページ数の都合もあるだろうけど、せっかくの個性的な登場人物のエピソードが少なすぎ。人となりを説明するにも、ほかの登場人物の述懐に頼ってる部分があり、実際の物語の中では大して何もしていなかったりする。その分、全体的にこじんまりまとまりすぎている印象になってるかも。全員とは言わないまでも、もう少しハチャメチャに活躍する人物がいてもよかったよなあ。個人的には、小学生のアイドル予備軍コンビにもう少し暴れてほしかった。
 よくも悪くも、安心して楽しめるコメディです。

恩田 陸: ドミノ
恩田 陸: ドミノ

|

« 六人の超音波科学者 | Main | 夜歩く »

Comments

ugg ニットブーツ 18 世紀以来、女性の財布を使用し始めた。だから、これは最も可能性の高い必要財布少し重量。結合組織は私達の体を一緒に保持するものです。可能性がありますのシンボル際限なく。 ugg サンダル メンズ

Posted by: ugg ニットブーツ | November 24, 2013 at 10:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41599/2904677

Listed below are links to weblogs that reference ドミノ:

« 六人の超音波科学者 | Main | 夜歩く »