« 忘れ得ぬ本 | Main | あらすじを信じると裏切られる »

私が悪うございました

ハリー・ポッターシリーズは、誰でも知っている大ベストセラー。
ファンタジー、しかも児童書でこれだけのヒットって凄い。

でも、これだけ売れると生来の天の邪鬼のワタクシ、読むもんかって気になっちゃうのです。
それに、本は結構読んでるし、特にファンタジーについては一家言持っているという自負もあり…。
何となく避けておりました。

この作品、本だけでなく、映画もヒット。
第一作ハリー・ポッターと賢者の石を、テレビで見てしまった。
面白そうです。読みたいです。でも今更読むのも癪だし、それにあの分厚い本を何冊も買うのも…。
せめて文庫になったら…。
なんて、思い続けていたのです。

で昨年、携帯版ハリー・ポッターと賢者の石が出たのをきっかけに、今年のお正月に一気に読んでしまった。携帯版が出ているのは三巻までなんだけど、結局、四巻、五巻もハードカバーを買っちまいました。

いやほんと。私が悪うございました。
変な意地を張らずに、とっとと読めばよかった。

いかんせん、映像を見てしまった後。だもんで、どうしてもイメージが映画のものになってしまうのだ。
だって、ロンは背が高くてひょろっとしてるはずなのに、映画では下手するとハリーより小柄。ハグリッドだって、先に本を読んでたら、もっと人間離れした大男をイメージできたかもしれないし、9と3/4番線とか組み分け帽とか、とにかく、想像を膨らませるには格好のネタが山のように用意されている。それなのに…。クィディッチだって、一体どんな競技だろうと、考える楽しみがあったのに…。
とまあ、そんな後悔はあるものの、映画だって良かったし、本は予想通り(←負け惜しみ?)面白かった。

さてこの第一巻、ハリーが初めて自分の正体を知り、それまでの惨めな境遇から、一躍、英雄扱いを受ける「魔法」の世界へ飛び込む。この魔法世界の設定は、ほんとに魅力的。写真が動いたり、ふくろうが手紙を運んだり、百味ビーンズなんていうおかしな食べ物があったりと、細かい部分が凝っているし、「妖精の呪文」だの「魔法薬学」だの学校での講義の名前や内容もいちいち興味深い。そしてシリーズを通して言えることだけれど、謎解きの要素があって、上質のミステリになっている。
魔法界が舞台だからといって、全てそれで方が付くというものではなく、知恵と勇気で難題を解決していくのだ。
特に一巻では、ハリー、ロン、ハーマイオニーの主役三人それぞれの得意分野を出し合って、強敵に立ち向かうシーンがある。三人それぞれの特徴が無理なく盛り込まれていて、今後シリーズを続けて読むうえでも、これが重要なんじゃないかと思う。
というわけで、すっかりはまってしまったのでした。

J・K・ローリング: ハリー・ポッターと賢者の石
J・K・ローリング: ハリー・ポッターと賢者の石

|

« 忘れ得ぬ本 | Main | あらすじを信じると裏切られる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41599/3228239

Listed below are links to weblogs that reference 私が悪うございました:

« 忘れ得ぬ本 | Main | あらすじを信じると裏切られる »