« 私が悪うございました | Main | 選手会長に刺激された!? »

あらすじを信じると裏切られる

柔らかな頬 (上)および柔らかな頬 (下)
ちょっと前だけど、文庫化されたので読んでみた。

ところで、桐野夏生
この人、読後感の悪さでは当代随一ではないかと思う。
というのは言い過ぎにしても、“売れている”エンターテインメント系作家の中ではかなりの上位にくるはず。

まあ、読後感云々よりも内容で読む人ももちろん多いだろうけど、少なくともエンタメ作品(まあこの分類も適当だけど)であれば、私は読後感爽やかな方が好きだ。一般的にもそうだと思う。では、何故私は彼女の本を読み、彼女の本は売れているのか?
なんででしょう?
と書いていると桐野夏生論になって、いつまでもこの作品に触れられないので、強引にあらすじ。
ちなみにこれ、直木賞受賞作ですね。

ヒロインのカスミは、夫の友人で不倫相手の石山が家族で滞在する別荘に、やはり家族で招かれる。
そこで、お互いの家族の目を盗んで二人は逢い引きを繰り返し、そんな最中、カスミの娘、有香が失踪する。
四年が経ち、皆が有香の生存を諦める中、カスミは一人娘を捜し続け、そんな彼女に余命幾ばくもない元刑事が助けの手を差し伸べる。

こう書くと、ミステリ仕立ての人情話みたい。でも桐野作品で、もちろんそんなわけはなく、それぞれの登場人物はそれぞれの欲望と打算のみで動いている。
そう、桐野作品って、共感できたり感情移入できる登場人物って、まず出てこない。
安手の小説なら、「そんなやついねーよ」という“いい人”が出てくる。良く出来た作品なら、適度な欠点を描いて現実味を出しながら、でも根はいい人が主役を張る。で、桐野作品だと「そんなやついねーよ」という“悪い人”がデフォルメされて出ている。人間の良い部分を排除することで、誰もが持っている醜い面が白日の下に晒される。それは誰もが身に覚えのあることだから、現実感を伴って読者に迫ってくる。
でもね。確かに人間は良い面だけではないかもしれないけど、醜い面だけでもないはず。というより、そう信じないとやってらんないと思う。
なのに、それを徹底的に否定するこの作品。
特に「娘を捜す母親」という設定だけに、そのギャップが激しく、何とも救いようのない気持ちにさせられる。

お勧めはしないし、登場人物を肯定もしたくはない。
けれど読み始めれば引き込まれる。そんな小説です。

|

« 私が悪うございました | Main | 選手会長に刺激された!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41599/3301366

Listed below are links to weblogs that reference あらすじを信じると裏切られる:

« 私が悪うございました | Main | 選手会長に刺激された!? »