« 選手会長に刺激された!? | Main | ヤマト風味なガンダム »

疲れたときにお薦め!

疲れた社会人にビックリマーク付きでお薦めしたい夏のロケット
川端裕人のフィクションデビュー作である。
と偉そうに書いたけど、この作品で初めてこの作者を知ったんだけど。

夏のロケットは、社会人になって数年経った高校時代の天文部ロケット班のメンバー五人が集まり、再びロケットの打ち上げに挑戦するという青春(一般的な青春に比べるとちょっと薹が立った)小説。とはいえ実はこのロケット、燃料を素人が扱うのは違法であるわけで、おおっぴらには作れない。それに過激派のミサイル作成が絡んだライトミステリ仕立てになっている。

この五人というのが半端ではなく、理論派の天才、物作りの天才、押しの強い交渉事の天才、ミュージシャンとして成功する金儲けの天才、が揃う。平凡な新聞記者である主人公「僕」は、文章の才能を買われてメンバー入りした広報係だが、とかく取り残され勝ち。もっとも、普通の人がいなければ、読者もついていけないだろうけど。

ともかく、これだけのメンバーが揃えば、金も設計図も作る人も場所や材料などの手配をする人もおり、「本物のロケット=宇宙へ行けるロケット」作りが進むのだ。
社会人として、それなりの生活を送っていた人も、挫折をしていた人も、宇宙少年だった高校時代の情熱を取り戻して、ひたすらロケット作りに励む。

ストーリーも爽快なのだが、ロケット作成などという場合、とかく専門的になりがち。しかしそこは、元日本テレビの科学技術庁担当担当記者という経歴を持つ作者の面目躍如たるところ。説明を省くわけでもなく、物語の中で無理なくわかりやすく描いてくれる。

さらに、一連の出来事がとりあえずの結末を迎えても、メンバーの誰一人立ち止まらない。
まさに永遠の少年のごとく、次なる夢へ突き進む。少年と書いたけれど、夢を見ているだけではなく、現実と折り合いながら、社会人としての経験も活かしながら自分達の力でロケット打ち上げの費用や人脈を作っていくわけだ。夢見る力を失わず、現実でも力も付けているというのが、勇気づけられるではないか。

私にとっては、仕事に疲れた時の一冊。
ただ、宇宙や科学に興味がない人はどうだろう? 多分楽しめるとは思うけど…。

|

« 選手会長に刺激された!? | Main | ヤマト風味なガンダム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41599/3428439

Listed below are links to weblogs that reference 疲れたときにお薦め!:

« 選手会長に刺激された!? | Main | ヤマト風味なガンダム »