« ヤマト風味なガンダム | Main | たき火オヤジのらしいSF »

萌絵 VS 保呂草

いつ続きが出るんだ! という作家が多い中、コンスタントに作品を発表し続ける森博嗣。おかげで、いいペースで文庫化されています。
もっとも読者としては嬉しいけど、こんなにきっちりした方とはお友達にはなれないだろうな(←向こうがお断りだと思います)。

さて、捩れ屋敷の利鈍は、S&MとVシリーズが交差するお話。一応Vシリーズということで、いつも通り保呂草が後から三人称で書いたという体裁をとっている。でも紅子をはじめ、練無、紫子も出てこない(紅子はちらっと出てくるけど)。
話としては、両シリーズのファンサービスってところ。ルパン対ホームズみたいな感じ(←違います)。元々ドロドロした感情ってものは感じさせない作風ではあるけど、今回のはほんとにゲーム。一応人が死んでるんだけど、かなり放ったらかし。結局動機らしい動機も説明されないし、作中で自ら突っ込んではいるけど、人の死が軽すぎるきらいはあります。

うんと、実はS&MとVシリーズをつなぐ仕掛けがあって、これはそういう意味では重要な作品のはずなんだけど…。
ちょっと前に、偶然その種を読んだしまったのだ。それで純粋に楽しめなかったのが残念。
もっとも、答えを知っていても、作品のどこかに隠されているヒントには気づかなかったのだけど。

では今回の見所は、というと。国枝先生かなあ。国枝先生がこんなに感情を露にして活躍した(国枝先生にしてはってことね)のって初めてじゃあ? 桃子ファンは見逃せません。

|

« ヤマト風味なガンダム | Main | たき火オヤジのらしいSF »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41599/3472811

Listed below are links to weblogs that reference 萌絵 VS 保呂草:

« ヤマト風味なガンダム | Main | たき火オヤジのらしいSF »