« ちょっと肩透かし | Main | あわあわとした…… »

“父親”のためのお伽噺

何の前知識もなく、タイトルだけで購入した流星ワゴン

38歳の僕は、最低の現実に疲れ、もう死んでもいいと思っている。
息子は受験に失敗して引きこもり、妻は自分を裏切り外泊することも多い。そして自分自身もリストラされた。折り合いのよくない父親は不治の病で余命幾ばくもない。そんなとき、五年前に死んだ橋本さん親子のワゴンに乗ることになる。このワゴンは、僕を人生の岐路となった「大切な場所」へと連れて行ってくれる。そこで僕はやり直しを試み、自分と同い年の父親と出会うことになる…。
ワゴンの旅が終わるとき、僕は、父親は、そして最低の現実はどうなっているのだろう?

このお話の中心は、それぞれが問題を抱えた三組の父と息子。
父親は、息子のことをもちろん大事に想っている。けれど、それは伝わらない。息子が理解できない。
でも、父親が自分自身と同じ年だったら?

設定としては、あり得ないファンタジーなのだけど、彼らの関係の変化は現実感を持って胸に迫る。多分、父親だったり、息子だったりの経験がある人なら、より理解できるだろうし、感動できるだろう。
どちらでもない自分は、どこか醒めた気持ちで読んでいた部分もある。たとえば数少ない女性の登場人物、僕の妻の美代子さん。んなわけないだろう? もっと何かあるはず。とは思うものの、父と息子の前では夫婦の物語は二の次だ。それが悪いというのではなく、この小説はあくまで父と息子の話。ということ。
最後も、ちょっと甘いなあと思いつつ、こういう希望のある終わり方は嫌いではない。

|

« ちょっと肩透かし | Main | あわあわとした…… »

Comments

ugg メンズ グッチのハンドバッグは、汎用性と非常にシックなことから離れて、時代を超越しました。必要がある注意真鍮押しボタン式クラスプ付きこのテーマに関する美しいLvバッグです。Burberrys 作品は、スタイリッシュな創造的なと優れた。 uggとは

Posted by: ugg メンズ | November 24, 2013 at 08:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41599/3706671

Listed below are links to weblogs that reference “父親”のためのお伽噺:

« ちょっと肩透かし | Main | あわあわとした…… »